ジオパーク

地球や大地の営みを科学的に観察し、地層や岩石、地形、火山、断層など、特別に貴重で珍しい自然遺産が数多く存在する地域を「ジオパーク(大地の公園)」といいます。ジオパークは、その保護と活用を重視し、そこで暮らす人々の文化を含めた自然遺産を通じて、ジオ(地球・大地)に親しみその成り立ちと仕組みに気づき、生態系や人間生活のかかわりを考える場所です。

小国町内にもジオパークの見どころ「ジオサイト」として、北外輪火砕流ジオサイト(鍋ヶ滝、遊水協)、小国郷温泉ジオサイト(杖立温泉、わいた温泉郷)が登録されています。

北外輪火砕流ジオサイト

多くの滝をはじめ、阿蘇火砕流が作る様々な景観を見ることができます。溶血凝灰岩の観察したり、火砕流の軟らかい部分を浸食して硬い部分が残っている様子を観察できたり、火砕流の特徴を知ることができます。

鍋ヶ滝(なべがたき)

鍋ヶ滝は高さ10m巾20mの滝です。滝の裏手に道が延びており、裏側から滝を鑑賞することができます。落ちてくる水のカーテンの合間から見える緑の木々と木漏れ日が森林浴の癒しを誘います。

約9万年前の巨大噴火でできたとされる鍋ヶ滝は、長い年月をかけて現在の形になりました。滝上部の固い岩盤や滝裏のやわらかい地層は、今も浸食等を繰り返し、少しずつ形を変えています。

春には期間限定で、滝をライトアップするイベント「鍋ヶ滝ライトアップ」が開催されます。

(鍋ヶ滝公園)

入 園 料 大人(高校生以上)200円、小人(小・中学生)100円、小学生未満 無料
開園時間 9時~17時(最終入園16時30分
駐 車 場 48台 ※大型バスの乗り入れはできません
休 園 日 年末年始(12/28~1/3)
注意事項 滝の裏側や川の対岸に立ち入る際は、落石や転倒に十分注意してください。
大雨・洪水警報発令時など河川の増水状況等により臨時休園とする場合があります。

遊水峡(ゆうすいきょう)

遊水峡は、筑後川の源流に位置する峡谷です。阿蘇カルデラ北方の小河川にみられる岩盤河床で、阿蘇火砕流堆積物の溶結疑灰岩で構成されています。大小いくつもの滝と豊富な湧水に恵まれています。年間を通して四季折々の美しさを楽しむことができます。

小国郷温泉ジオサイト

小国町から南小国町にかけて、豊富な湧出量を誇る温泉群が、数多く存在しています。これらは、九重火山を熱源にしていると考えられています。

杖立温泉(つえたておんせん)

杖立温泉には1800年もの開湯の歴史があるといわれており、その由来には「杖をついて訪れた人が、温泉に浸かり、帰る時には杖を忘れるほど健康になった。」などの言い伝えがあります。古くから湯治場として親しまれてきた町並みは、昔ながらの温泉街の風情が残されています。

杖立川に下流にかかる「もみじ橋」では小国杉で作られた、たくさんの「絵鯉」を見ることができます。

温泉は、無色透明のきれいな温泉です。弱食塩泉で肌触りがやさしく、保湿成分が多いため、美肌の湯として効果が高いといわれています。源泉は約98度もあり、温泉の蒸気を利用した蒸し湯が古くから利用されています。通常のサウナに比べて温度が低く、湿度が高いため、体に負担がかからず、楽に入ることが出来ます。

メタケイ酸(天然の保湿成分)が毛布に含まれているお湯は“トロリ”としたなめらかで優しい肌触りが特徴です。

「杖立温泉どんどや火祭り」(1月14日)は無病息災や家内安全を祈願する杖立温泉の火祭りです。神事では、参拝者に温泉の湯をかける「湯かけ神事」が行われます。

他にも、川幅いっぱいに約3500匹の鯉が風に泳ぐ「杖立温泉鯉のぼり祭り」(4月I日~5月6日)や、役者揃いの杖立住人が稽古を重ねて伝承芝居を熱演する「杖立温泉祭」(5月27 日~5月28日)があります。

わいた温泉(わいたおんせん)

わいた温泉郷は小国富士と呼ばれるわいた山の麓に位置し、特徴ある温泉が沢山あります。

はげの湯温泉は、標高760mの位置にあり、わいた山の西麓に沸く高原の温泉です。各旅館からの眺望は素晴らしく、阿蘇の大自然が堪能できます。

わいた温泉郷では24時間利用できるコインタイマー式の貸し切り風呂が人気です。源泉かけ流しの家族湯は岩風呂、ひのき風呂、石切風呂など種類も様々。

岳の湯温泉は、わいた山の麓にある温泉地で至る所から蒸気が噴出しています。この天然の蒸気は、暖房や地元料理に利用されています。自噴する高温の蒸気は調理や暖房に利用され地域の人々の暮らしに欠かせないものとなっています。

山川温泉の泉質は、硫黄泉で温泉が白濁して、湯の中に沈殿物(湯の華)が出ます。他にも地獄谷温泉麻生釣温泉鈴ケ谷温泉などがあります。北里の奴留湯温泉は、宿泊施設の無い共同浴場です。湯船には玉石が敷き詰められています。

山川温泉の共同浴場「ホタルの里温泉」付近の川沿いでは、6月上旬になるとホタルを鑑賞することができます。「わいた温泉ほたる祭り」(6月上旬)では、竹灯籠を並べて穏やかな雰囲気の中でホタルを鑑賞します。

「わいた温泉感謝祭」(10月26日)では、温泉への感謝の気持ちを込めて、来客者へ地元の食材を使ったふるまいが行われます。