旧国鉄宮原線ウォーキング

旧国鉄宮原線跡地を利用した遊歩道 幸野川橋周回コースでは、廃線跡のトンネルやアーチ橋が当時のまま残されており、当時の雰囲気を味わうことが出来ます。自然の中で草花を探しながら、野鳥のさえずりに耳を澄まして歩くのも、廃線ウォークの醍醐味です。鉄筋の代わりに竹筋で組まれた幸野川橋梁(竹筋橋)など見物が多くあります。

【案内:木魂館】

お問い合せ 木魂館 0967-46-5560
予 約 希望日の1週間前まで。10名以上の団体から受け付けています。
料 金 20人まで10,000円、20名以上はプラス5,000円

 

注意事項
    ・遊歩道内では、事故・怪我の無いよう十分注意して行動してください。
    ・万一事故・怪我が生じた場合、自己責任となることをご承知下さい。

駐車場・トイレ
    ・道の駅ゆうステーション、木魂館の駐車場、トイレをご利用ください。

歩き方のルール
    ・ご自分で出されたゴミはすべて持ち帰ってください。
    ・喫煙者は必ず携帯灰皿を使用し、喫煙マナーを守ってください。
    ・動植物を大切にしてください。
    ・住宅等の近くを通るときは、地域住民に迷惑をかけないよう特に気をつけてください。
    ・陽が暮れ始めたら廃線跡に入らないで下さい。

背戸屋めぐり(せどやめぐり)

背戸屋とは、家々の勝手口を結ぶ地元の人たちの生活道路です。昭和の風情が残る杖立温泉街の背戸屋をみちくさ案内人の話を聞きながら歩く「背戸屋めぐり」では、単なる観光では味わうことの出来ない、杖立温泉の魅力を肌で感じることが出来ます。

【道草案内人の会】

    お問い合わせ:杖立温泉観光協会 0967-48-0206

    予約:希望日の前日まで

    料金:1人500円

蒸し場(むしば)

杖立温泉の湯治文化の一つに温泉蒸気を利用した蒸し料理があります。温泉街各所に設置された蒸し場を利用してできる蒸し料理は実にさまざま。ヘルシーでカラダも喜ぶおいしい蒸し料理を、ぜひご賞味ください。

温泉の蒸気を利用した「蒸し場」ではお芋や卵、野菜を自由に蒸すことができます。

 

【蒸し場の使い方】

その1
蒸し場の蒸気は高温です。やけどをしないように注意しましょう。

その2
蒸し場はきれいに使いましょう。

その3
食べ残しやゴミはすべて持ち帰りましょう。

おぐに楽々サイクリング

車でのドライブでは感じることのできない小国町の小さな魅力をのんびりサイクリングしながら楽しんでみませんか?起伏の多い小国町の道路も電動レンタサイクルなら快適にサイクリングできます。

 

レンタサイクル設置場所
    ・道の駅小国ゆうステーション  tel:0967-46-4111
    ・木魂館            tel:0967-46-5560
    ・坂本善三美術館        tel:0967-46-5732

料 金
    ・2時間 300円 / 4時間 500円 / 8時間 800円
    ※受付時に身分証明書が必要となります。

注意事項
・レンタサイクル営業時間は9:00~17:00となっています。
・返却が送れば場合は追加金を頂くことがあります。
・レンタサイクルは定期的に確認しておりますが利用前に必ずブレーキ・ハンドルのゆるみ等を確認し運転の安全性を確かめてください。
・自転車から離れる場合は必ず施錠するようお願いします。紛失・盗難があった場合は弁償して頂くことになります。
・紛失・盗難・事故があった場合は速やかに事務局に連絡し、法令で定められた適切な処置をとるとともに自らの責任において事故の解決に努めてください。
・道路交通法を守り、安全にご利用ください。ご利用中の事故については、一切の責任を負いませんのでご注意ください。

蒸し湯(むしゆ)

杖立温泉と言えば豊富な湯量と高い湯温を利用した「蒸し湯」が古くから親しまれています。

他の地域ではあまり例をみません。サウナのようなイメージですが、あわせて温泉効果も期待できます。昔ながらの伝承的な「蒸し湯」は、小さな扉を開くともあっと広がる蒸気の向こうに穴蔵のような小さな部屋があるスタイル。そこに寝転がって、全身の新陳代謝を促します。首までしか浸かれない温泉に比べ、頭からつま先まで温泉効果に包まれます。

「蒸し湯」は通常のサウナより温度が低く、湿度が高いため、サウナより循環器にかかる負担が少なく楽に入ることができます。発汗や血液循環の改善を通じて、新陳代謝の向上が得られます。このため、古くから「美人湯」と呼んでいたり、風邪をひいたときに利用したりしていました。ぜひ、天然蒸気による「蒸し湯」を体験してみてください。くせになること受け合いです。

 

【蒸し湯の入り方】

その1
むし風呂に入る前にしっかり、温泉で全身を洗いましょう。衛生面を確保するためにご協力よろしくお願いします。

その2
室内の温度を確認し、高温の場合は打湯、または打水をして入りましょう。

その3
入浴時間は5~10分が適当です

※入室前に水を一杯飲んで入ると脱水予防になり、水を一桶持ち込んで濡れタオルを口に当てれば楽に入れます。

その4
浴室内では大の字に寝るのがより効果的です